×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

美白化粧水、ちふれ。

ちふれの化粧水は、肌によけいなものはやめる。肌にだいじなものをいれる。が、ちふれのベーシック。トレハロース+ヒアルロン酸で、うるおい、たっぷり、じっくり。うるおい成分トレハロースに加えて、いま話題のヒアルロン酸を高配合。深く確かなうるおいを、あなたの肌へ。トレハロースは、肌に水分をしっかり保ち、乾燥によるトラブルから肌をまもる成分、ヒアルロン酸は、肌をうるおいのベールで覆いながら、水分をきちんと蓄える成分。ちふれのベーシックケアは、2つの異なる成分をばらんすよく組み合わせる事で、理想のうるおいをお届けします。無香料・無着色だから、肌にやさしい。安心して毎日つきあえる品質です。ちふれのベーシックケアシリーズは、税込420円〜。

美白化粧水の作り方

美白化粧水のおすすめは、安いので、ちふれですが自分で手作りしてしまおうという方に、作り方です。無添加の食品や天然の素材を使用し、自分で簡単に作れる美白化粧品です。無添加で防腐剤など入っていないので冷暗所で保存してください。レモンって買ってきても、使いきれずに捨てていませんか。そのレモンを使って無添加の美白化粧水を作ってみましょう。焼酎(甲類)175ccに対して、グリセリン50cc、レモンの輪切り1〜2個をそのまま漬け込みます。そして、密封して、2ヶ月ほど放置しておきます。後に、レモンを除いて別の容器に保存して使いましょう。(日本酒でも可能、お好みに応じてどうぞ)なぜレモンがいいのか。レモンティーの色が薄いのは、ビタミンシーの還元作用によるもので美白の効果があるといわれています。

美白化粧水とは

美白化粧水(無添加ちふれ、など)は皮膚に潤いを与る液体化粧品です。ローション、トナー、トニックと呼ばれることもあります。用途として、ファンデーションなどに加えてつけやすくしたり、粘度の調整にも使われます。もともとは化粧のために使う水のことで、古くは江戸時代おしろいを溶かす、水として使われました。一般化粧水 :洗顔後の肌に潤いを与え、肌荒れを防ぐために使う。水とアルコールに、保湿成分、乳化剤、香料、防腐剤などを添加。敏感肌のため、ノンアルコール化粧水もある。(ちふれ・無添加)アルカリ性化粧水:肌と同じ弱酸性または中性が多い中、アルカリ性の物おある。使いすぎると皮膚を薄くする可能性がある。収斂化粧水:アストリンゼン化粧水。酸性の化粧水で脂性に適する。クレンジング化粧水:肌をクレンジングする目的で、皮膚を拭き取るように使用。プレローション:ローションの前に使うローション。後に使うローションのなじみを良くする。なんと言っても、おすすめは「ちふれ」です。安いです。でも、シャネルやデコルテも使ってみたいです

Copyright © 2007 美白化粧水無添加ちふれ